2018/01/04

【重要】短角牛のご予約に関して

○短角牛(=正式名称「日本短角種」)

国内和牛流通において年間1%程のシェアしかない、希少性の高いブランド牛。茶色の毛が特長の短角牛は「あかべこ」として親しまれ、岩手が全国一の産地です。

 

育成方法は、夏は山に放し、冬は牛舎で育てる岩手の自然環境を生かした「夏山冬里方式」で飼育されますが、

当店と契約しております「田村牧場  / 岩手県久慈市」では周年放牧で育てています。自然放牧で交配も出産も人の手を借りず自然のままです。

野山で青草を食べて育ち、のびのび育つ短角牛は、健康で引き締まった肉質に仕上がります。

いわて牛(黒毛和種)と比べ、岩手の広大な大地を駆け回る短角牛は、運動量が多く、脂肪分が少ない良質の赤身肉で、健康志向の高まりから、美味しくてヘルシーな短角牛の需要が増えております。

 

当店では田村牧場と契約している理由により、定期的に牛一頭を仕入れる亊が出来、各部位をお客様へご提供する亊が出来ておりますが、

中でも、サーロインとフィレの部位に人気が集中し、早期に品切れの場合がございます

自然放牧、自然交配の為、出荷出来る頭数に限りがあり、現在、指定する部位「サーロイン単品(或いは、フィレ単品)」を入荷する亊が難しい状況でございます。

 

短角牛をご希望のお客様におかれまして、お問い合わせを多数頂戴致しております。

ある程度、次回入荷日の予測がつきますが、当日、短角牛サーロイン(或いはフィレ)の部位が品切れの場合がございますので、予約をお受けいたしかねますこと、何卒ご了承下さいませ。